So-net無料ブログ作成

戦国武将検定

回答と解説は下にあります。

この人物は誰か?
busyo48.jpg






























A.池田恒興
織田信長の乳母兄弟で、信長の尾張時代から付き添い、すべての戦闘に従軍した。
本能寺の変(1582年)で信長が自害すると、恒興は秀吉と共同して光秀を破り、信長亡き後の織田家の
行方を決める、清須会議に列席した。賤ヶ岳の戦いでは秀吉に従い、功績により大垣城を与えられた。
小牧長久手の戦い(1584年)では三河への奇襲攻撃を画策するもこの動きが読まれ急襲にあい討ち死にした。

次の問題へ


戦国武将検定

回答と解説は下にあります。

この人物は誰か?
busyo45.jpg































A.真田信之
真田昌幸の嫡男。正室の小松姫は本多忠勝の娘。
関ヶ原の戦いでは西軍の父昌幸、弟幸村に対しお家存続のため、東軍として参じ、徳川家康に忠誠を尽くした。
信之の尽力により合戦後も昌幸と幸村は死刑を免れた。関ケ原の戦いの後は一度は上田藩主となったが、
大阪の陣ののちさらに3万石加増され信濃国松代藩13万石の藩祖となった。

次の問題へ


戦国武将検定

回答と解説は下にあります。

この人物は誰か?
busyo39.jpg






























A.藤堂高虎
もともとは近江・浅井家に仕えていた。
加藤清正と並び築城の名人と称され、生涯多くの城の築城に携わる。加藤清正の扇の勾配の石垣に対し、
直線的な石垣が目立つ。また、関ケ原の戦い以降、多く作られた層塔型の天守を考案したとされる。
築城のみでなく関ケ原の戦いでは脇坂安治や朽木元綱を調略により寝返らせるなど、軍略においても定評が
あり、その才能を発揮し、最終的に伊勢32万石の大大名となる。

次の問題へ


戦国武将検定

回答と解説は下にあります。

この人物は誰か?
busyo37.jpg





























A.細川忠興
細川ガラシャを正室に持つ。
朝鮮出兵では普州城攻略に大きく活躍し関ケ原の戦いでは最前線に立ち、石田三成の陣に猛攻を
繰り返した。武将としての荒々しさを持つ反面、教養もあり、利休七哲のひとりに数えられる。

次の問題へ


戦国武将検定

回答と解説は下にあります。

この人物は誰か?
busyo35.jpg






























A.北条早雲
妹が駿河近江の大名・今川義元に嫁いでいたため、その縁を利用し、今川家の家臣になる。今川忠義の
死後、勃発した跡目争いに介入して、争いを鎮静化する。この功績により、城を与えられ出世の足がかり
とする。このようなお家騒動や争いに乗じたり、前もって親交を深め相手が油断しきっているところを狙って
攻撃するなど、上に上がるためには手段を選ばなかった。このため、下剋上の代名詞とされた。1494年
大森藤頼から小田原城を奪い、のちに続く後北条家の礎をきづいた。

次の問題へ


戦国武将検定

回答と解説は下にあります。

この人物は誰か?
busyo33.jpg





























A.島津義弘
島津に暗君なしと言われた、名門島津家15代当主・貴久の次男。
九州の桶狭間ともいわれる木崎原の戦い(1572年)では伊東祐安率いる3000の軍に対して島津義弘は
わずか300という数にかかわらず地の利を生かし島津家得意技「釣り野伏せ」により勝利している。
また大友宗麟と対立した耳川の戦い(1578年)、龍造寺隆信と対立した沖田畷の戦い(1584年)にも勝利し、
九州平定もう一歩のところまで迫った。

次の問題へ


戦国武将検定

回答と解説は下にあります。

この人物は誰か?
busyo29.jpg





























A.池田輝政
池田恒興の次男。小牧長久手の戦いで父を兄を亡くし家督を継ぐ。関ケ原の戦いでは東軍に属し、
織田信秀のこもる岐阜城に一番乗りを果たし攻略した。家康からの信頼暑く、関ケ原の戦いののち
西の大名を抑える重要な拠点となる姫路城を与えられ、大規模な改修を行った。

次の問題へ


戦国武将検定

回答と解説は下にあります。

この人物は誰か?
busyo27.jpg





























A.長宗我部元親
幼い頃は大人しくひ弱であったため「姫若子」と表現されが、初陣をかざるないなや頭角を現した(長浜合戦)。
自ら槍を振り回し敵陣に突撃する姿に家臣団から「土佐の出来人」と信頼をえた。父国親の代では土佐七雄に
数えられるも3000石の小さな豪族だったが、一時、四国を統一するまで勢力を拡大した。しかし、秀吉の
四国征伐(1585年)に抵抗するも、圧倒的な武力の差に秀吉の傘下に下り、土佐一国の大名となった。

次の問題へ


戦国武将検定

回答と解説は下にあります。

この人物は誰か?
busyo25.jpg






























A.井伊直政
徳川四天王のひとり。軍装を朱色で統一し、合戦では常に最前線をつとめ、井伊の赤備として恐れられた。
関ケ原の戦いののち近江彦根18万石を与えられ、新たな城の築城を計画するが、島津軍に受けた傷が
原因で関ケ原の戦いから2年後に死去。遺志を受け継いだ子の直継が金亀山の頂上に天守を築いた。
これが彦根城である。

次の問題へ


戦国武将検定

回答と解説は下にあります。

この人物は誰か?
busyo23.jpg





























A.福島正則
賤ヶ岳の七本槍のひとりに数えられ、一番首を上げ、その中でも格別の5000石を与えられた。関ヶ原の
戦いで徳川の先鋒をつとめ、宇喜多秀家隊と衝突する。合戦後は安芸50万石を与えられるが、許可なしに
城を改修したとして領地を没収された。

次の問題へ


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。